Skip to content

債務整理のメリットとは?確実に借金減額できる手続き

返しきれない借金を抱えてしまった場合、「債務整理」という方法で借金減額することが可能です。

債務整理とは、法律上認められた正式な借金減額の手続きであり、安心して借金問題を解決できる方法です。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的で、本人に難しい知識がなくてもできるというメリットがあります。

債務整理のメリットは確実に借金減額できること

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、いずれも確実な借金減額効果が見込めます。

任意整理では、利息・遅延損害金を全額カットしてもらったうえで、返済期間を60回払い程度の長期にしてもらい、毎月の返済額を小さく抑えることが可能です。

個人再生では、借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年をかけて返済していくことになります。

自己破産では、借金の返済義務自体が免除されるので、返済額が0円になります。

債務整理は本人に難しい知識がなくてもできるというメリットがある

債務整理は一般的に弁護士や司法書士に依頼して行うので、本人に難しい知識がなくても借金減額してもらうことが可能です。

例えば、任意整理だと弁護士などに依頼した後は、本人がやらなければならないことはほとんどないので、待っているだけで借金減額できます。

個人再生や自己破産では、家計簿をつけたり裁判所に出向いたりする必要が出てきますが、そこまで難しいことは要求されませんし、弁護士などのサポートが付くので安心です。

弁護士などに依頼して債務整理すると督促がストップするメリットがある

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、まず「受任通知」というものがお金を借りた会社へ送られます。

受任通知を受け取ったら督促をしてはいけないという決まりになっているので、債務整理が完了するまでの間一時的に借金の返済がストップするというメリットがあります。

まとめ

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、任意整理では利息カット、個人再生では元本の減額、自己破産では返済義務の免除といった借金減額効果が見込めます。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うことができるため、本人に難しい知識は必要となりません。

また、債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、まず「受任通知」が会社側に送られ、その効果で借金の返済が一時的にストップするというメリットもあります。

Published inUncategorized

Comments are closed.