Skip to content

借金を滞納して裁判になったときの3つの対処法

借金の滞納が長く続くと裁判に訴えられてしまい、最終的には給料などの差し押さえを受けることになります。

しかし、裁判に訴えられた後でも、債務整理を行って借金の返済条件を見直してもらったり、借金を減額または返済免除としてもらったりすることは可能です。

借金の滞納が続くと裁判に訴えられる

借金を滞納すると、まず自宅に督促の郵便物や電話が来ます。

滞納が3カ月程度続くと、自宅に内容証明郵便で「借金の全額をすぐに返済してください」という請求が届きます。

それでも滞納を放置していると、裁判に訴えられて自宅に訴状が郵送されます。

裁判に負けた場合、支払命令が出て最終的には給料などを差し押さえられることになります。

借金で裁判になったときの3つの対処法

借金の滞納で裁判に訴えられた場合、最もやってはいけないのは訴状を無視することです。

被告人であるあなたがいなくても裁判は進められ、給料などの差し押さえを免れることはできません。

ここで役に立つのが、借金を減額してもらう正式な手続きである「債務整理」です。

債務整理には利息をカットできる任意整理、元本を減額してもらえる個人再生、借金そのものをなくしてもらえる自己破産3種類があり、いずれも弁護士や司法書士に依頼すれば簡単にできます。

裁判になってから任意整理を行う場合は、交渉の場が法廷になるだけで、利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長(60回払い程度)といった条件を目指して交渉をしてもらえます。

個人再生を選んだ場合は差し押さえができなくなる効果があるため、差し押さえが差し止められている間に個人再生の手続きを完了させて借金を減額してもらうことが可能です。

自己破産の場合、財産がない人がとる「同時廃止」だと、個人再生と同様に差し押さえが差し止められるため、その間に借金をなくしてもらう手続きをとれます。

一方、財産がある人がとる「管財事件」という手続きの場合は、自己破産の手続きが終わるまで裁判自体が中断されます。

その間に借金の返済免除を認めてもらえれば、裁判の結果として差し押さえを受けることもなくなります。

まとめ

借金を滞納し続けると、督促の郵便物や電話、内容証明郵便による一括請求といったプロセスを経て、裁判に訴えられます。

ここで訴状を無視してしまうと、裁判に負けて給料を差し押さえられる結果となります。

一方、ここで債務整理をすると、手続の種類に応じて利息・遅延損害金のカット、元本の減額、返済義務の免除といったメリットを受けつつ、差し押さえを防ぐことが可能です。

Published inUncategorized

Comments are closed.