Skip to content

任意整理で交渉失敗するケースとは?

借金を返しきれなくなって任意整理を検討している人にとって、任意整理ではどんなときに交渉失敗する可能性があるのか、という点は気になるところでしょう。

広くたくさんの人に利用されている大手の会社が相手の場合、任意整理で交渉失敗する可能性はほとんどありません。

しかし、中小企業が相手の場合や、経営が悪化して既に貸付をやめている会社などが相手の場合、交渉失敗のリスクは高くなります。

大手の会社との任意整理が交渉失敗することはまれ

銀行やクレジットカード会社、消費者金融のほとんどは任意整理に応じてくれるので、交渉失敗することはほぼありません

任意整理では、利息・遅延損害は全額カットとなりますが、元本は長期の分割払いで全額返済していくことになります。

一方、借金をしている人がもし個人再生や自己破産をすると、会社側にとっては回収できる元本が減ったりなくなったりする結果になってしまいます。

それと比べれば、任意整理に応じて確実に元本を返してもらうほうが、会社にとっては得であるという考え方から、会社側は任意整理に応じてくれるのです。

中小の消費者金融だと任意整理が交渉失敗することがある

アイフルやアコムなどの大手の消費者金融とは異なり、フタバやフクホーなどの中小の消費者金融の場合、任意整理に応じてもらえずに交渉失敗する可能性があります

中小の消費者金融は、審査は大手より甘いものの、金利が高く督促も厳しい傾向があります。

絶対に利息を含めて返済してもらうという考え方の会社も多いため、任意整理の交渉自体が失敗する場合もありますし、できたとしても利息が全額カットにならなかったり返済期間が短かったりといった条件になってしまうこともあります。

また、このほかにも、既に新規の貸付を行わなくなっている会社の場合や、借金をしている期間が短い場合、借りてから1回も返済していない場合などは、交渉失敗のリスクが高くなります。

まとめ

大手の銀行・クレジットカード会社・消費者金融では、任意整理で交渉失敗するおそれはほとんどありません。

一方、中小の消費者金融だと、任意整理の交渉自体が失敗したり、利息を全額カットしてもらえなかったり、返済期間が短くなったりするリスクがあります。

また、既に新規での貸付をしなくなった会社や、借りて日が浅い会社、借りてから1回も返済していない会社だと、交渉失敗する可能性は高くなります。

Published inUncategorized

Comments are closed.