Skip to content

借金があると結婚できない?破談を避ける2つのポイント

借金を抱えているときでも、恋人から結婚の話が出ることはあると思います。

結婚前に借金があると、「借金があると結婚できないのではないか」と悩んでしまいがちですよね。

ここでは、借金がある人が破談を避けるために工夫できる2つのポイントについてまとめていきます。

借金のことを結婚相手に打ち明けるべきか

まず考えるべきなのは、借金のことを結婚相手に打ち明けるか、隠し通すかという点です。

ここで注意してほしいのは、借金を滞納しそうになっていたり、既に滞納していたりする場合は、自宅に督促の郵便や電話が来るため、結婚後も借金を隠し通すのは難しいということです。

きちんと返済のめどが立っていて、結婚相手に心配をかけたくないという場合は、借金が片付くまで隠し通すのもいいでしょう。

しかし、返済のめどが立っていなくて結婚生活に借金の影響が及びそうな場合は、どのみち隠し通すのは厳しいので、あらかじめ相手にきちんと説明しておいたほうが、トラブルを小さく抑えることができると思われます。

借金で結婚生活に影響が出そうなときは

借金返済の負担が重すぎる場合、そのまま結婚しても結婚後の家計に大きな影響が出てしまうでしょう。

生活費を十分に出せなくなって結婚相手から疑われる可能性もあります。

そのような状況を防ぐため、借金返済が苦しい場合は債務整理を検討しましょう。

債務整理では、利息のカットや返済期間の延長、元本の減額、借金の返済義務自体の免除といったメリットを受けることができます。

ただし、債務整理の中には同居している家族に内緒で行うのが難しい手続きもあるので、債務整理は結婚前にしておいたほうが、結婚相手にバレる可能性が低くて済むでしょう。

まとめ

借金がある人が結婚することになった場合、まず結婚相手に借金のことを打ち明けるべきかを判断する必要があります。

ただし、返済のめどがついていて相手に迷惑をかけない自信があればいいのですが、借金の返済が滞った場合は結婚後の自宅に督促の郵便物や電話が来るので、そこから相手に借金がバレるかもしれないという点には注意してください。

また、借金返済の負担があまり重すぎる場合には、債務整理を検討する必要があります。

債務整理の中には同居している家族にバレやすい手続きもあるため、借金を整理するなら結婚前に行うことをおすすめします。

Published inUncategorized

Comments are closed.