Skip to content

任意整理なら個人事業主でも簡単に借金を整理できる

返しきれない借金を抱えて任意整理をしたいと思っている人の中には、個人事業主として仕事をしている人もたくさんいます。

個人事業主であっても、十分な収入が見込めれば任意整理することは可能です。

また、売掛金がある事業を行っている個人事業主でも、任意整理なら簡単に借金を整理できるというメリットもあります。

個人事業主でも収入があれば任意整理できる

任意整理とは、自分の代理人として弁護士や司法書士にお金を借りた会社と交渉してもらい、利息・遅延損害金を0円にしてもらったり、返済期間を60回払いなどの長期に延長してもらったりできる債務整理です。

個人事業主が任意整理できるかどうかは、元本の返済に十分な収入があるかどうかで判断することになります。

具体的には、元々借りた金額である元本を60で割った金額を毎月支払えるなら、任意整理することができます。

例えば、借金が120万円ある人の場合、毎月2万円を返済に充てても生活していけるようなら、個人事業主でも任意整理で借金問題を解決することが可能です。

ちなみに、借金額が120万円の場合の一般的な例でいうと、毎月の返済額は6万円近くなり、返済総額は約144万円となりますが、任意整理をすると利息の約24万円を全額カットしてもらえます。

任意整理なら売掛金がある個人事業主も楽に借金を整理できる

個人再生や自己破産といった裁判所を通して行う債務整理の場合、売掛金がある事業を行っている個人事業主だと、売掛金を財産とみなさなければならないため、減額してもらえる借金額が小さくなったり、財産とみなされた売掛金が処分されたりすることになります。

しかし、任意整理の場合は持っている財産がいくらであっても関係がないため、売掛金がある個人事業主でも安心して借金を整理できます。

まとめ

個人事業主であっても、元本を返済するのに足りるだけの収入があれば、任意整理で借金問題を解決することが可能です。

具体的には、元本を60で割った金額を毎月支払うことができるなら、任意整理ができるということになります。

また、任意整理では財産がいくらであっても関係なく借金を整理できるため、売掛金がある事業を行っている個人事業主でも、気軽にできる債務整理だといえます。

Published inUncategorized

Comments are closed.