Skip to content

借金の金利とは?知らないと損する利息の話

借金をするとき、金利は意識していますか?

同じ金額のお金を借りても、金利が高ければ支払う利息が高額になり、金利が低ければあまりたくさんの利息を支払わずに済みます。

この記事を読んで、損をしないお金の借り方を知ってください。

借金するときはできるだけ低金利の会社で

借金をするときは、会社が設定した金利をもとにして利息が計算されます。

クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のキャッシングでは、法律で定められた上限金利である18%の金利が適用されることが多いです。

100万円を金利18%で借金して3年で返済した場合、支払う利息の総額は30万円になります。

一方、銀行カードローンはクレジットカードや消費者金融よりも金利が低く、12%15%程度の金利が適用されることが多いです。

100万円を金利12%で借金して3年で返済した場合、支払う利息の総額は20万円となり、金利18%の場合と比べて約10万円も節約できることになります。

このように、借金をするときは低金利の銀行カードローンを利用すれば、クレジットカードや消費者金融の場合よりも利息を節約できるのです。

同じ金利でも借金の返済期間が長くなると利息は高くなる

次は、同じ金利で返済期間が異なる場合の利息を見てみましょう。

100万円を金利15%で借りて3年で返済した場合、支払う利息の総額は25万円です。

一方、5年で返済した場合に支払う利息の合計は43万円にもなります。

返済が3年だと毎月の返済額は約35000円、5年だと約24000円なので、つい返済額が安いほうを選んでしまいがちですが、返済額が小さいと返済期間が長くなり、同じ金利でも支払う利息の総額は増えるという点に注意してください。

まとめ

借金をする際、金利が低ければ利息は安くなり、金利が高ければ利息も高くなります。

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠より金利が安くなることが多いため、同じ金額のお金を少ない利息で借りることができます。

また、同じ金額のお金を同じ金利で借りる場合は、返済期間が長くなるほど支払う利息の総額が高くなります。

毎月の返済額が小さいと返済期間は長くなってしまうので、賢く借金を減らすには多めの金額を返済するよう心掛けるとよいでしょう。

Published inUncategorized

Comments are closed.