Skip to content

借金があるけど転職したい人が知っておくべき3つのポイント

転職したいけど借金がある、というのは珍しいことではありません。

でも、借金があると転職に悪影響が出るのではないかということは心配ですよね。

ここでは、転職先に借金や債務整理のことはバレるのかを考えていきます。

借金があることは転職先にバレる?

借金があるかどうかの情報は、お金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」が収集・管理しています。

信用情報機関の情報は銀行・クレジットカード会社・消費者金融しか見ることができないため、一般的な企業へは信用情報機関から借金のことがバレるという心配はありません。

ただし、転職先が銀行・クレジットカード会社・消費者金融の場合は信用情報機関の情報を見ることができるため、借金の情報があると転職が不利になる可能性はあります

官報で借金や債務整理が転職先にバレる可能性は?

過去に借金があったけれども債務整理をしたという人は、「官報から借金のことが転職先にバレるかもしれない」という不安を抱くかもしれません。

官報とは国の新聞のようなもので、政府からのお知らせに加えて裁判所からの報告も載るため、個人再生や自己破産といった債務整理を行った人の住所氏名なども掲載されます。

しかし、官報を日常的にチェックしている企業というのは限られているうえ、官報には毎日膨大な量の情報が載るので、官報から転職先に借金がバレるということはまずないでしょう。

なお、任意整理の場合はそもそも官報に載らないので、そこからバレる可能性はありません。

転職後は勤務先の登録情報を更新しておこう

忘れがちなことですが、転職が済んだらお金を借りた会社に登録している勤務先の情報を更新しておきましょう。

勤務先情報の変更は、お金を借りた会社のウェブサイトからできる場合がほとんどです。

転職によってアルバイトから正社員になった場合や、年収に変化があった場合などは、借入限度額が変更される可能性があります。

まとめ

借金の情報は信用情報機関に登録されていますが、信用情報機関の情報を見ることができるのはお金を貸す会社だけなので、一般的な企業に転職する場合は転職先に借金の情報がバレることはありません。

ただし、転職先が銀行・クレジットカード会社・消費者金融などの場合は、信用情報機関から借金のことがバレる可能性はあります。

なお、官報から債務整理の情報が転職先にバレるという可能性も極めて低いでしょう。

転職が済んだら、お金を借りた会社のウェブサイトなどで勤務先の情報を更新しておきましょう。

Published inUncategorized

Comments are closed.