Skip to content

妻への影響が気になる夫が自己破産するときに読む3つのポイント

結婚している人が自己破産をする場合、妻の生活にどんな影響が出るのか心配になる人は少なくないでしょう。

自己破産で妻の生活に影響が出る最も大きな例は、妻が借金の保証人になっている場合です。自己破産すると家や車が処分されるので、そこでも妻に影響が出ます。

なお、自己破産では同居の家族の収入がわかる書類が必要になるため、妻に内緒で自己破産するのは難しいと言えます。

妻が借金の保証人なら自己破産は注意!

自己破産で最も妻への影響が大きいのは、妻が夫の借金の保証人になっている場合です。

自己破産ではすべての借金を整理することになるので、保証人付きの借金が整理されることで、妻に借金の残高が一括で請求されることになってしまいます。

その結果として妻も債務整理をすることになるケースも多いので、妻が借金の保証人になっている場合は事前によく話をしておくべきでしょう。

保証人に迷惑がかからない債務整理としては任意整理があるので、経済的に余裕があれば検討してみてください。

自己破産で妻の生活に影響が出るケース

自己破産では財産が処分されることになるため、家や車も売却処分の対象になり、妻の生活に影響が出ます。

自己破産で持ち家を残せるケースというのはないので、自己破産したら賃貸住宅に引っ越すか、家を売った相手と賃貸契約を結んで元の家に住まわせてもらう「リースバック」という方法を使う必要があります。

車も処分の対象となりますが、ローンが完済していて査定額が20万円以上の車は残せます。また、車が生活に欠かせない地域に住んでいる場合は、「自由財産の拡張」として車を残すことが認められることもあります。

妻に内緒で自己破産するのは難しい

自己破産をするときは、裁判所に申し立てるときに同居している家族の収入がわかる書類(給与明細や確定申告書など)を提出する必要があります。

妻と同居している場合は妻の給与明細などを借りなければならないため、妻に内緒で自己破産するのは難しいでしょう。

どうしても妻にバレないように債務整理したい場合は、任意整理を選ぶという方法があります。

まとめ

自己破産するときに妻が借金の保証人になっている場合、その借金が整理されることで妻に残高の一括請求がいきます。これを避けるには任意整理を選ぶという方法があります。

また、自己破産すると家や車が処分されるので、妻の生活に影響が出ます。家は「リースバック」で済み続けることが可能で、車はローン完済後で査定額が20万円以上なら残せます。

なお、自己破産の申し立てには妻の収入がわかる書類が必要となるので、妻に内緒で自己破産するのは厳しいでしょう。

Published inUncategorized

Comments are closed.