Skip to content

親と同居している人が自己破産する前に読む2つのポイント

自己破産を検討している人の中には、親と同居しているという人も多くいることでしょう。

同居している親への影響が気になって、なかなか自己破産に踏み切れないという人もいるかもしれません。

この記事では、自己破産をするときは同居している親の収入がわかる書類が必要になることを説明したうえで、自己破産することで同居の親にどんな影響が出るのかをまとめていきます。

自己破産するときは同居している親の収入がわかる書類が必要

自己破産では世帯の家計を正確に把握する必要があるため、家計収支表という家計簿を提出することになります。

家計収支表には世帯ごとの収入と支出をもれなく記入しなければならないので、親と同居している人は親の収入がわかる書類(給与明細・確定申告書・年金通知書など)が必要です。

そのため、親と同居している人は、親に内緒で自己破産するのは難しいと言えるでしょう。

逆に、親と別居の人は、基本的には親にバレずに自己破産することが可能です。

自己破産することで同居している親に影響が出る場合

自己破産では財産がほとんどすべて処分されることになるため、持ち家がある人は家を処分されてしまいます。

そのため、持ち家で親と同居している場合、新しく賃貸物件を探して引っ越しをしなければならなくなるので、親に影響が出ます。

自己破産による親への影響で最も注意しなければならないのは、親が借金の保証人になっている場合です。

保証人付きの借金がある状態で自己破産すると、その借金が整理されることで保証人に一括払いで請求がいき、多大な迷惑をかけることになります。

一括払いで借金を返済できなかった場合、親も債務整理をすることになってしまうので、その点は十分に考える必要があるでしょう。

まとめ

自己破産をするときは、世帯の家計が正確にわかるように家計収支表を作らなければならず、世帯の収入を証明するために同居している親の収入がわかる書類が必要となります。

そのため、親と同居している人の場合は、親に内緒で自己破産するのは難しいと言えます。

持ち家があって親と同居している人は、自己破産で持ち家が処分されることになるため、親も賃貸物件に引っ越さなければならなくなります。

また、親が保証人になっている借金がある場合、自己破産でその借金が整理されることで、親に残高が一括請求され、大きな迷惑をかけることになります。

親も債務整理を余儀なくされる可能性があるので、該当する場合は自己破産するかどうか慎重に検討する必要があるでしょう。

Published inUncategorized

Comments are closed.