Skip to content

借金返済が苦しい人に読んでほしい返済のポイント2つ

借金を抱えて返済が進まないと、将来が不安になって苦しいですよね。

苦しい借金を返済するためのポイントは、大きく分けて2つあります。

ここでは、借金返済のために家計を見直してお金を作る方法と、どうしても返済の見通しが立たない借金を完済できる方法を紹介していきます。

借金返済が苦しい場合はまず家計の見直しを

借金返済が苦しくなってしまう大きな理由として、最低返済額しか返済していないという点があります。

お金を貸す会社が決めている最低返済額は金額が元本に対して小さめなので、最低返済額での返済を続けていると支払った金額の大部分が利息の支払いで消えてしまい、借金の元本がなかなか減りません。

それを防ぐには、家計を見直してお金に余裕をつくり、繰り上げ返済をすることが大切です。

まず、家計簿をつけていない人はつけるようにしましょう。あなたが何にお金を使っているのかを目で見て把握することで、無駄を見つけて節約することができます。

例えば、コンビニでよくお菓子や飲み物などを買う人は、スーパーで安く買えないか確かめてみるとよいでしょう。外食や趣味にお金を使い過ぎている場合も、控える努力が必要です。

借金完済の見通しが立たずに苦しい場合は債務整理を

借金の返済で節約は重要ですが、節約ではどうにもならないくらい借金の負担が苦しいのであれば、「債務整理」を検討しましょう。

債務整理とは国が認めている正式な借金減額の方法で、任意整理・個人再生・自己破産という3種類の手続きがあります。

任意整理では利息のカットや返済期間の延長(60回払い程度)、個人再生では元本の大幅な減額と返済期間の延長(35年)、自己破産では借金の返済義務自体の免除といったメリットがあり、どの債務整理も弁護士などに依頼すれば簡単に手続きをすることができます。

なお、債務整理を行うと、任意整理なら約5年間、個人再生や自己破産なら約510年間、クレジットカードやローンが利用できなくなるなどのデメリットを受けます。

まとめ

借金の最低返済額しか返済しない状態が続くと、返済しても支払った金額の大部分が利息に充てられて元本が減らず、苦しい状況になってしまいます。

それを避けるには、家計を見直してお金に余裕を作り、繰り上げ返済をすることが大切です。

もし、節約しても借金の返済が苦しい場合は、債務整理を行うのも一つの手です。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つがあり、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合った手続きを選んでください。

Published inUncategorized

Comments are closed.