Skip to content

借金を繰り返すのをやめたい!知っておくべき2つの解決法

ダメだと思っているのについ借金を繰り返す、という経験はありませんか?

返済しきっていないのに別の借金をしてしまう、なぜか浪費してまた借金を繰り返してしまう、といった自覚症状があるなら、この記事にある2つの解決法を検討してみてください。

繰り返して返せなくなった借金は債務整理で解決できる

借金を繰り返す人の中には、借金が返せないからまた借金をするという多重債務に陥っている人もいると思います。

また、買い物依存症やギャンブル依存症などの病気で返しきれない借金を抱えてしまっているかもしれません。

返せない借金を抱えてしまった人の救済策として、国が認めている正式な借金減額の手続きである「債務整理」があります。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類があり、それぞれ利息・遅延損害金のカット元本の大幅な減額借金の返済義務自体の免除といったメリットを受けることができます。

なお、債務整理をした後は任意整理なら約5年間、個人再生や自己破産なら約510年間、クレジットカードが使用できなくなったり、新しく借金ができなくなったりします。

この期間に借金への依存を治し、家計を立て直していくのがいいと思います。

借金を繰り返すのをやめるために病院へ行こう

借金を繰り返す理由が買い物やギャンブルなどへの依存症である場合、買い物依存症専門外来やギャンブル依存症専門外来といった診療科がある病院で治療を受けることができます。

依存症の治療では、グループ療法や教育プログラムを通じて自分の病気について知り、対処法を身に付けていくことができます。

また、依存症と同時にうつ病などの心の病気を抱えてしまった場合は、そちらの治療も同時に行ってもらえます。

★まとめ

借金を繰り返して多重債務になってしまったり、買い物やギャンブルなどへの依存症で借金を繰り返したりして重い借金を抱えてしまった場合は、債務整理という対処法があります。

債務整理には、利息や遅延損害金をカットしてもらえる任意整理、元本を大幅に減額してもらえる個人再生、借金自体をなくしてもらえる自己破産がありますので、自分に合った手続きを取れば完済への道筋をつくることができます。

また、借金を繰り返す原因が依存症の場合は、依存症の専門外来がある病院で治療を受けることができます。

Published inUncategorized

Comments are closed.